Jewel
ココロにあるJewel(宝石・大切なもの)を感じるレシピ集
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ドイツ国際平和村から学ぶこと
東京は久しぶりのお天気34
秋の気配はそよそよと吹く風のなかに感じます。

先日TVでドイツ国際平和村のドキュメンタリーが放映されました55
ドイツ国際平和村は、戦争や貧困・内紛などで十分な医療を受けることができない地域の子どもたちを助けるために設立された団体です。

日本では女優の東ちづるさんが活動されていることで有名ですよね~。

最近はアフガニスタンからやってくる子どもが多いそうです。
そして、その子どもたちは「先天性」の病を患い、こういった病は保険対象にならず治療の空きを待ち続けている状況なのだそうです。


ヤケドだけでは理解不能な皮膚のただれ
骨が溶けていくかのように、皮膚がくっついて行く
生まれたときから性器が存在しない、もしくは両性具

「もしかするとアフガニスタンの戦争のときに、放射能を持つ新核兵器が使われたのかもしれない」
断定することが不可能なあくまでの想像のなか、でも、現実は眼の前に存在している・・・
現地スタッフの方々のご苦労をひしひしと感じました


以前はこういったTVを見ると憤りを感じ、頭のうえにヤカンを置いたら湯が沸くかなぁ~
くらい怒っていました
でも今は、子どもたちが身を持って「平和」の大切さを訴えてくれているんだと思うようになり、そう思うと、突然辞任した福田総理大臣の苦虫を潰した顔を見ている暇はなく、
子供達のために1日でもはやく「平和」を目指さなきゃって思います。


ひとりでも多くの子供達に幸せが降り注がれますように
ひとりでも多くの子供達が闇夜を怖がらずに幸せな夢をみられますように・・・

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。