Jewel
ココロにあるJewel(宝石・大切なもの)を感じるレシピ集
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
過去生をみること
最近、過去生について尋ねられることが増えました。
過去で何か関係があったのか、このトラウマは過去から続いているものなのか・・・
過去生に目を向けるということは、なにか、自分探しのひとつにもなるような気がします
352私が初めて自分の過去生を知ったのは4年程前に参加したワークショップでした。353

らせん階段を下っていき、目の前にある扉を開けるとそこは砂漠でした。
私は足首まである長くて白いローブを着ていました。足は裸足です。
砂漠の砂の表面はとても暑いのに足が埋まっている部分はひんやりとして気持ちがよく、
その気持ちよさの感覚まで感じ取ることができました。

私は男でした。508 扉を開けた瞬間から無意識のうちに自分が男であることがわかったのです

28白い殺風景な(まるで牢屋を囲む塀のよう)壁に小さな28扉があり、どうもそこが私の家のようです。
家にはいると日が当たらないせいか、28暗くてひんやりします。
天井はとても高く、28壁は青磁色で模様が描かれています。28

まっすぐ伸びた廊下をあるくと、突然中庭が出てきました。色とりどりの420花、鳥、蝶420が舞い、そこはまるで
楽園です。外の殺風景とはまるで別世界。

そこからいくつかのストーリーがあり、最後は砂丘の頂上から砂漠を見下ろしている場面へ行きました。
結局私は結婚することなく生涯を終えようとしていました。
その時、私の身の回りの世話をしてくれていたメイドを直感的に今の母だと感じました。266267266

この過去生が私に何を伝えようとしていたのか、実はいまだにわかりません。
でも、これが私の最初の「274過去生体験」なのです。

このビジョンを最初は信じられませんでした。
ヒプノセラピストの方にそのことを正直に伝えると
487「あなたはそんなことを自分の意識で創造できるほど感受性豊かなひとですか?」
と言われました。

そのときに、それはありえない!と思ってこの過去生の映像を心の片隅にとどめていました。

ある日、テレビでモロッコの旅特集がありました。
何気なしにみていると、私が過去生でみた映像と殆ど変らない建物、中庭、タイルの模様が
映し出されていました。

思わず「!!」でした。

その後も自分自身で過去生に触れる機会があり、現在の課題・トラウマの意味を違う角度から眺めさせて頂いています。
そして、266過去生はぜひご自身で観る機会があるといいのでは~と思います。

自分で観ることができると、私のように何かのきっかけでその映像を「確実」にしてくれることが起きるような気がします。そうすると、282 魂が過去から現在、未来へと続いていることが体験でき、自分自身がいかに神秘の塊なのか、を実感できると思うからです。

リーディングを通してその方の過去生が浮かび上がってくることがあります。344
そんな時はそのこともお伝えしています。
もし、その内容になにか心が(魂が)揺れている感覚があれば、それは魂が知ってほしかったことのひとつかもしれませんね。

読んでくださってありがとうございます352345352
スポンサーサイト

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。